新入社員必見!オフィスカジュアルのポイント

あなたのオフィスカジュアルを手助けする総合情報サイト

あなたのオフィスカジュアルコーディネートを全面サポート

オフィスカジュアルの基準

オフィスカジュアルとはその基本がオフィスでもお客様に対しても、周りを不愉快にさせないという事です。

一昔前のビジネス用の服装よりも、リラックスしていて、ビジネスにも適している服装です。自分のセンスを出しすぎると、ビジネスというよりもプライベートという印象を与えるようになってしまいます。

この辺も各企業によって何となく暗黙の基準がありますから、同僚や上司に相談するとよいですね。女性の場合ですと、いくらセンスが良くても露出が多すぎれば、周囲の目を引き仕事着としては不適格です。夏場では暑い日本の事ですから、ノースリーブも問題がない会社が多いですね。パンツもジーンズなどは避けて、テーパードパンツ位が良いです。靴もスニーカーとなると、カジュアル度が大きくなりすぎると考える企業が多いです。

オフィスファッションとは

オフィスカジュアルでオフィスにファッションが入ってきました。制服ばかりではなく各人の自由度のある服装で仕事ができるようになってきました。お洒落と同じで、オフィスでも、周りの雰囲気を壊さないというのがお洒落の一つの基本といえます。

自分のセンスを生かすとともに、清潔感やサイズ感あるいは品の良さが出ていれば最高です。女性の場合には、露出の多いものや、身体のラインが目立ちすぎるものあるいは奇抜なものも、オフィスファッションとしては向いていません。Tシャツやデニムあるいはスニーカーなどもごく一部の会社を除いてはまだまだ日本では、オフィスカジュアルとしては認められていないといえます。

オフィスでは働くことが基本ですから、動きにくいものもオフィスカジュアルとしては向いていません。


この記事をシェアする